薬物依存症は治療出来ます。 薬物は止めるのは簡単ですが止め続けるのが難しいです

薬物依存症の治療法について弊社にご相談して下さい薬物を止めさせたい

なぜ薬物にハマるのか

最近は、元プロ野球選手・歌手・俳優・女優さんなどが薬物で逮捕されてます。

有名人が薬物を使ってる事が世間に発覚すると激しく非難されます。

社会や人生の様々なストレスや孤独感からの現実逃避などが加わって、薬物との関わりが深くなり、気づいたときには薬物依存性から抜け出すことが難しい状態に陥ってしまいます。

こういった人に必要なのは「治療」です。

薬物依存症とは

シンナー、覚醒剤、大麻、コカイン、危険ドラックなど繰り返し使いたい、使ってないと不快になる為、止めようと思っても止められない状態になります。

そうなってしまうと、薬物を飲んでないと気分がイライラしたり冷や汗かいたり幻覚、幻聴が表れる為、薬を使い続けてしまいます。

こうなってしまうと日常生活に支障が出て薬物を手に入れる為に何でもしちゃうといった事が出てきます。

薬物が欲しいという欲求が出てきてしまいます。

体が薬に慣れてくると同じ量では、もう効かなくなり、同じ効果を感じる為、薬物の量が増えてしまいます。

ですから、クスリをやめた後も、二度とやらないという強い気持ちが必要であり、治療をすることが必要です。

気が付くと薬物依存症になって生活に支障が出ます。

家族はどうすればいいのか?家族に出来る事は何か

親、子供、恋人などが薬物依存症になった時、家族は何が出来るのか、まずは薬物依存症について理解する事です。

・自分に出来る事・出来ない事を区別する

・説教、約束の強要はしない

・薬物以外の事でコミュニケーションをとる。

など、本人自ら治療する意思を持つ様に見守る事が大切です。

こうすれば良いという決まったやり方はありません。

薬物依存症は治りませんが治療すれば回復する病気です

薬物依存症は治らない病気です。

しかし正しい治療方法をすれば薬物にか関らない生活になり回復に繋がります。

回復までの道のりはけして楽ではありあませんが回復は可能です。

正しい指導を受け続けて、薬物を使わない生活を繰り返せば、社会人として何の問題もない生活をおくることができます。

(株)ジースタイルは全国どこでも対応しております

薬物依存症にお困りの方、弊社は全国、どこでも対応しておりますので、ご相談して下さい。

相談に関する秘密は絶対に守ります。

薬物の事で1人で悩まないで、弊社にご相談して下さい。

覚醒剤・大麻・危険ドラック・シンナーなどの薬物を使う事は法に触れる事です。

本人は薬物を止めようと何度も決心しても、また薬物を使ってしまうのは薬物依存症にかかってるからです。

薬物依存症を自分ひとりの力で乗り越えるのは、とても大変で、全く立ち直れないというわけではありませんが、薬物を止め続けるためには相当な努力が必要です。

薬物を使わない新しい人生をスタートする為に弊社と一緒になって薬物依存症を治療しましょう。

まずは、弊社にご連絡ください。

大麻を止めると何度も約束を破る旦那を治してくれませんか?
薬物等の解決には薬物に詳しい弊社の力が必要です。 弊社、無料相談では薬物等でお悩み相談に関する秘密は絶対に守ります。 薬物等で関わる問題で困った時は1人で悩まず、弊社にご相談して下さい。
また私の見てない所で夫が薬物を使用してるか調べる事出来ますか?
覚せい剤を使用する人は1人で隠れて行われてるので薬物を使用しているか確認する事は難しいです。 薬物を使用しているかを弊社独自の調査方法で調べる事は出来ます。

コメント